生活保護という制度は、知っているようで知らない人が多いと思います。 そこで、生活保護というのは、一体どのような制度なのかをご説明いたします。 生活保護とは、国が定めた国民の生活を守るための制度のことで、日本国憲法第25条の理念に基づいて制定されました。 働きたくても病気や怪我などで働くことができず、生活ができないという場合に、国から援助を受けることができます。 ただ、これはあくまでも自立支援の一環なので、もし、病気や怪我が治って働けるようになった場合には、生活保護に頼り続けることなく、自分で働かないといけません。 また、生活保護は、「生活扶助」「教育扶助」「住宅扶助」「医療扶助」「介護扶助」「出産扶助」「生業扶助」「葬祭扶助」で構成されており、これらの扶助を必要に応じて受け取ることができるでしょう。 それに、あまり知られていませんが、世帯の収入が国が定める世帯最低生活費より少ない場合には、その不足分を保護費として受け取ることができるのです。